どの家にもあるラップですが、皆さんサランラップと呼んでいませんか?
実はサランラップは旭化成のラップの商品名なのです。それほどまでに市民権を

得ているサランラップですが、サランラップのどこが他社より優れているのかなど、

おすすめポイントをご紹介します。ラップなんてどこも一緒だと思っているあなた。
確かに、スーパーやドラッグストアで特売で売られているラップに比べればサランラップは

少々お高めです。ちょっとお高いのですが、実際にサランラップを使ってみればその価格に

納得がいくはずです。旭化成は元々は化学関連でしたが、今では繊維や建材などの素材を

はじめ医療分野の事業をしています。素材の開発はお手の物なのです。旭化成のサイトに

よると、ラップはもともと食品用に開発されたものではなく、火薬などを湿気から守るために

開発されたそうです。そのようなものが食品の保存に使われているなんて、ちょっと驚き

ですよね。さて、ラップがピッと切れて、パッと密着すると気持ちが良いものです。
安いラップですとなかなか切れなかったり、ラップのくっつきが悪くてイライラしたことは

ありませんか?サランラップなら、簡単にラップが切れて、食器にピンと張ることが簡単に

できます。特徴はそれだけではありません。なんと保存した食品の水分を保つ力が市販

されている他の平均的なラップと比べて約2.5倍の力があり、酸素や臭いを通さない力が

 

なんと約200倍あるのだそうです。ですからサランラップは他社の商品に比べて食品の鮮度を

 

保つ力が強く、美味しく食べられる期間が長くなります。このようなことができるのは、

 

素材の開発を得意とする旭化成ならではですね。また最近ではケガの応急処置として

 

「湿潤療法」が注目されています。モイストケアとも呼ばれていますが、生きている細胞は

 

 

乾くと死んでしまうのでキズ口を乾かさないようにして自己治癒能力を最大限に生かす治療法

 

なのです。この温順療法は綺麗に洗ったキズ口にラップを巻くのですが、水分を保つ力に

 

優れているサランラップは時として非常に優秀な治療具にも変身するのです。野外バーベキューや

 

キャンプなどアウトドアの際に使えるのでぜひ覚えておいてくださいね。サイズのラインナップは

 

6種類あります。たっぷり使える50m巻きのものが3種類と気軽に買える20m巻きが3種類です。

 

まとめ

幅はそれぞれ、15㎝、22㎝、30㎝です。各家庭のお皿事情や使用用途にもよりますが、

 

幅30㎝のものが使い勝手が良いと思いますよ。

 

コチラもチェックください!

商品一覧

商品詳細