富士フイルムといえば言わずと知れたカメラ、デジタルカメラ、プリントサービス、

エックス線写真、映画用フィルムといったカメラやフィルムなど写真に関して一貫した

精密化学メーカーです。デジタルカメラの普及により女性にも写真撮影愛好家が増え、

より美しい写真を手軽に撮影することが出来る一眼レフも人気が高くなっています。

ミラーレスといった安価で小さくて軽くい手振れ補正など初心者にも楽しめるカメラも

ありますます愛好家の数は増えています。そんな富士フイルムですが、実は2004年に

写真フィルム中心の事業に終止符を打ち、2006年9月にヘルスケア・化粧品市場に

参入しており、年々おすすめのラインナップが充実してきています。フイルム製造と

スキンケア商品の製造には「コラーゲン」という共通項がありました。フィルムの厚さは

約0.2mmしかなくその表面といえば本当にごく薄いものです。その表面にコラーゲンや

様々な物質を塗り重ね美しい仕上がりになるようにする技術が必要です。薄い表面に

塗るのですからコラーゲンなど微粒子単位での配合となります。基礎化粧品は肌を健やかに

保ちうるおいを与えるものです。ハリが期待できるエイジング化粧品にコラーゲン配合の

技術がいかされています。主力商品でもある赤いスキンケアシリーズの「アスタリフト」は

2007年に開発した「ナノアスタキサンチン」により肌への浸透力アップしたものです。

 

このシリーズはエイジング化粧品として大きな期待を寄せられています。2010年には

 

「ヒト型ナノセラミド」を開発し、肌が食べるジェリーとして「アクアリスタ」を発表しました。

 

人の肌と同じセラミドと全く同じということで肌のすみずみまでうるおいをとどけてくれます。

2012年にはトマトに含まれるリコピンのナノ化に成功しました。化粧品に配合が難しいと

 

いわれていたこの「ナノリコピン」を独自技術で安定配合することができました。

 

アスタリフトスキンケアシリーズ全商品に配合されています。同年、従来のUV剤では

 

カットすることが出来ない肌の奥深くまで入り込む紫外線「Deep紫外線」の発見と、

 

センテラアジアチカという植物に含まれる美容成分であるAMAのナノ化「ナノAMA」の

 

開発を成功しています。2013年にはこの「ナノAMA」と美白有効成分を配合した

 

「アスタリフトホワイト」が誕生しています。桜と肌の光特性が似ていることに注目して

 

まとめ

 

作られたベースメイク、ヒト型ナノヘアセラミドの開発によりヘアケア製品も作られています。

 

今も発見や開発により新しい化粧品が作られ続けています。

 

コチラもチェックください!

商品一覧

商品詳細