Windows Media Playerの特徴

メディアプレーヤー (media player) は、パーソナルコンピュータ等で、

動画や映像、音声のファイル等を 再生するためのアプリケーションソフトウェアです。

一般的には複数のファイルフォーマット形式の再生に対応している。

 

分類すると、音楽ファイルを再生できるミュージックプレーヤーでは、

CD や MP3、WMA、WAVE等を再生でき、動画ファイルを再生することが出来る、

動画プレーヤーでは、DVDやDivX、Blu-rayや様々なファイル形式で再生出来ます。

 

例えば

オペレーティングシステムとハードウェアにより、複数のプラットフォームに対応した分類

各ファイルフォーマット形式、コーデックによる分類

ストリーミングコンテンツ等の、ネットワークへの対応による分類

暗号化されたファイルへの対応による分類

メディアプレーヤーの中には、iTunesのようにデジタルオーディオプレーヤーと連携する分類

などに分かれます。

 

また、イレギュラーではあるが、アプリケーションソフトウェアとは別に、

携帯機器としてのデジタルメディアプレーヤーがあります。

デジタルオーディオプレーヤーの考えを拡張、楽曲や音声の再生だけではなく、

動画などにも対応する機器であり、パソコン側の各種ファイルを読み込ませて再生させることも出来ます。

 

 

ネットやSNSによって昔よりも、メディアプレイヤー(動画再生)を

利用する機会が増えています。

今は数え切れないほど沢山のメディアプレイヤー(動画再生)があります。

 

2010年頃からは、メディア再生に特化したタブレットやノートパソコン、

コンピュータ、 スマートフォン、デジタルメディアプレーヤー的な機能に絞った

機器も登場しています。

 

これらの、コンパクトで軽快な動作を主体としながらも汎用性のある製品では、

従来のデジタルメディアプレーヤーがコンテンツとしての映像や音声の再生を

主体とするのに対し、 メディアプレイヤーはコンピュータゲームや各種ソフトウェアを

稼動環境にまで枠を広げており、 情報端末全般との接続が可能である。

 

対応するコーデック

ファイルフォーマット形式によってコーデックは様々な規格や仕様が存在するため、

これら全てに組み込みシステムを対応させるコーデックは存在していない。

コーデックの種類によっては組み込みに際し、ライセンスが発生し、コストがかかる場合もある。

このため今では、対応コーデックを限定し、ユーザーに所有するメディアファイルを機器が

対応する形式に変換するためのユーティリティソフトウェアを提供し、パソコン側で所定の形式に

変換して利用するケースも多くなってきている。

これらの変換ユーティリティソフトウェアは、メディアコンバーターや変換ソフト等と言います。

主要なものでは、MPEGやその流れをくむ音声ファイル向けMP3が、

また動画では 圧縮効率の良いMP4および関連する各種コーデックが利用されるケースがあります。

 

今回は、数あるメディアプレイヤーの中からVLC Media PlayerとGOM Playerと

Windows Media Playerそして、iTunesを表でまとめ比較しました。

今回の特集は、Windows Media Playerの特徴をご紹介します。

 

Windows Media Playerの歴史

Windows Media Playerの原型であるMicrosoft Media Playerは

マルチメディアエクステンションを追加することで実装され、OSに標準で付属していました。

 

その機能を拡張する形でWindows Media PlayerがWindows 95以降で別途配布されるようになり、

Windows 2000以降で、再度標準搭載されるようになりました。

 

バージョンを重ねる毎に操作性や再生できるマルチメディアファイルの拡張、

インターネット接続によるストリーミング再生、デジタル著作権管理等

拡張性が高いのが特徴です。

 

ブロードバンド環境の普及に伴い、映画やアニメなどのストリーミング配信にも

Windows Media Playerを採用するウェブサイトは多く存在しています。

 

最新バージョンを利用できないWindowsXPより前のWindows、

今の所Mac OSなどでは鑑賞できるコンテンツが制限されている状況であります。

 

Windows Media Playerインストール

既存のOSでのバージョンはすべて、Media Player12になります。

 

Windows10の場合

Windows10のクリーンインストールの他、Windows 8.1またはWindows7から

Windows10へのアップグレード時にインストールされます。

DVD の再生機能は含まれていません。

 

DVD 再生機能を追加する方法については、Windows10でのDVD再生に

関するページをご覧ください。

 

Windows 8.1の場合

Windows8.1とWindows8.1Proに付属していますが、DVD再生機能は含まれていません。

 

DVD再生機能をWindows8.1に追加する方法については、Windows8.1での

DVD再生に関するページをご覧ください。

 

Windows 8.1NおよびKNエディション用のWindows Media Player12の場合は、

Media Feature Packをダウンロードしてください。

 

Windows7の場合

Windows7Starter、Home Premium、Professional、Ultimate、Enterpriseの

各エディションに付属しています。

Windows7NエディションまたはKNエディションの場合は、Media Feature Packを

ダウンロードしてください。

 

WindowsRT8.1の場合

Windows Media Player は、WindowsRT8.1では利用出来ません。

 

 

 

その他のMedia Player

 

GOM Player

GOM Playerは、DVD、MP4、FLV、AVI、RM、MOV、TS、FLVなどの様々な

ファイル形式の動画を再生できる、メディアプレイヤー(動画再生)です。

 

動画の一部の画像や音声をキャプチャー出来たり、好みの音楽・動画を登録できる

”プレイリスト”、 ”ブックマーク”、映像明度・字幕サイズ・再生速度のデティールを

調整出来る”コントロールパネル”、 ユーザーインターフェイスを好きなように

変えられる”スキン”など機能が充実しています。

 

VLC Media Player

VLC-Media Playerは、ほとんどのメディアファイルを再生できる

メディアプレイヤー(動画再生)で、利用者の多いマルチメディアプレイヤーです。

 

また、マルチプラットフォーム対応のマルチメディアプレイヤーであり、

DVD、オーディオCD、VCDや様々な ストリーミングプロトコルを再生可能な

フレームワークです。

 

iTunes

アップル社提供の音楽、動画を再生できるメディアプレイヤー

iPhone−iPadのデータの同期、バックアップができるソフトです。

 

音楽CDから曲を取り込む”インポート”機能があり、

AAC形式かMP3形式に変換して保存することが出来ます。

 

同時にCD情報をデータベースから検索し、自動でアーティスト名、

曲名やアルバム名、歌詞等を取得することも出来ます。

 

便利なのは、ライブラリに登録してある曲は検索することはもちろん、

iPodと同じくレーティングをつけて優先順位をつけることが出来て

すばやく再生したいときに便利です。

 

iPhone−iPadのiOS端末のデータのバックアップする際もiTunesを使用します。

 

最後にまとめ

 

簡単にメディアプレイヤーを纏めました。

 

 日本語対応対応OS価格再生サポート 
VLC Media Playerwindows,Mac,iOS,Android,LinuxfreeAVI,MPEG,MP
GOM Playerwindows,iOS,AndroidfreeAVI,MPEG,MP
Windows Media PlayerwindowsfreeAVI,MP
iTuneswindows,Mac,iOS,AndroidfreeMPEG,MP
Adobe Flash Playerwindows,Mac,iOS,AndroidfreeMPEG,MP

商品一覧

商品詳細