Adobe Flash Playerの特徴

メディアプレーヤー (media player) は、パーソナルコンピュータ等で、

動画や映像、音声のファイル等を 再生するためのアプリケーションソフトウェアです。

一般的には複数のファイルフォーマット形式の再生に対応している。

 

分類すると、音楽ファイルを再生できるミュージックプレーヤーでは、

CD や MP3、WMA、WAVE等を再生でき、動画ファイルを再生することが出来る、

動画プレーヤーでは、DVDやDivX、Blu-rayや様々なファイル形式で再生出来ます。

 

例えば

オペレーティングシステムとハードウェアにより、複数のプラットフォームに対応した分類

各ファイルフォーマット形式、コーデックによる分類

ストリーミングコンテンツ等の、ネットワークへの対応による分類

暗号化されたファイルへの対応による分類

メディアプレーヤーの中には、iTunesのようにデジタルオーディオプレーヤーと連携する分類

などに分かれます。

 

また、イレギュラーではあるが、アプリケーションソフトウェアとは別に、

携帯機器としてのデジタルメディアプレーヤーがあります。

 

デジタルオーディオプレーヤーの考えを拡張、楽曲や音声の再生だけではなく、

動画などにも対応する機器であり、パソコン側の各種ファイルを読み込ませて再生させることも出来ます。

 

 

ネットやSNSによって昔よりも、メディアプレイヤー(動画再生)を

利用する機会が増えています。

 

今は数え切れないほど沢山のメディアプレイヤー(動画再生)があります。

 

2010年頃からは、メディア再生に特化したタブレットやノートパソコン、

コンピュータ、 スマートフォン、デジタルメディアプレーヤー的な機能に絞った

機器も登場しています。

 

これらの、コンパクトで軽快な動作を主体としながらも汎用性のある製品では、

従来のデジタルメディアプレーヤーがコンテンツとしての映像や音声の再生を

主体とするのに対し、 メディアプレイヤーはコンピュータゲームや各種ソフトウェアを

稼動環境にまで枠を広げており、 情報端末全般との接続が可能である。

 

対応するコーデック

ファイルフォーマット形式によってコーデックは様々な規格や仕様が存在するため、

これら全てに組み込みシステムを対応させるコーデックは存在していない。

 

コーデックの種類によっては組み込みに際し、ライセンスが発生し、コストがかかる場合もある。

 

このため今では、対応コーデックを限定し、ユーザーに所有するメディアファイルを機器が

対応する形式に変換するためのユーティリティソフトウェアを提供し、パソコン側で所定の形式に

変換して利用するケースも多くなってきている。

 

これらの変換ユーティリティソフトウェアは、メディアコンバーターや変換ソフト等と言います。

 

主要なものでは、MPEGやその流れをくむ音声ファイル向けMP3が、

また動画では 圧縮効率の良いMP4および関連する各種コーデックが利用されるケースがあります。

 

[the_ad id=”1542″]

今回は、数あるメディアプレイヤーの中からVLC Media PlayerとGOM Playerと

Windows Media Playerそして、iTunesを表でまとめ比較しました。

 

しかし今回は、上記4Media Playerを正常に動かすためのソフト

Adobe Flash Playerをご紹介します。

 

また、スマトーフォンでの使用頻度が多いのでインストールをご紹介します。

 

 

Adobe Flash Playerとは

 

Adobe Flash Playerは、SWFFLVなどのFlashコンテンツをWeb上で 

表示するためのプラグインです。

 

広告や動画、音声、アニメーション、ゲームなどの動きがあるWebコンテンツを

ブラウザの違いに依存せずにユーザーに提供できることが可能で、インターネットを

介して広く普及しています。

 

簡単な仕組みを表記しますね。

 

Flashコンテンツ→Adobe Flash Player→WEBブラウザユーザーが目視できる

また、iOS/Androidなどのスマートフォンでは使用できないことから、

動きがあるWebコンテンツの表示には、HTML5のタグやJavaScriptAPI

対応したブラウザの機能が使われることが増えています。

 

モバイル端末で見るには

 

パソコン環境化では、Flash表示のソフトウェアーがインストールされている事が

多いので、難なくFlash表示を目にしますがモバイル端末環境下では

表示されないこともあるので、ここでは、モバイル端末でFlashを表示できる環境へ

ご案内します。

 

一つその前に、iPhoneとAndroidの国内シェアを見ていきたいと思います。

 

デザインや利便性などが評価され、過去5,6年はiOSが半数以上を締めます。

 

ひとまず日本では、半数以上がアップル社のiPhoneを使用していることが

わかりました。

 

 2012年2013年2014年2015年2016年2017年
iOS49.95%56.77%64.06%65.97%69.84%68.00%
Android47.18%42.05%35.02%33.22%29.22%30.40%
Windows0.13%0.07%0.06%0.10%0.15%0.07%
その他2.87%1.18%0.92%0.81%0.94%1.00%

 

次回は、世界でのシェアをお伝えします。

 

iPhoneでのFlash

 

iPhoneを使っていて、

パソコンで見ていてもスマホでは見れないなんて

経験はありませんか?

 

パソコンと同じように動画やゲームを楽しみたいですよね。

 

iPhoneの標準ブラウザは「Safari」ですが、「Safari」は Flash対応ブラウザではありません。

そこで別のソフトウェアーで表示させることにしていきます。

 

Puffin Web Browserをインストール

 

Flashをサポートしているスマホ・タブレット専用の「Puffin Web Browser」を

使えば、iOSでもFlash画像を見ることができます。

 

簡単に説明すると、Puffin Web Browserをインストールした端末から開発者が用意した専用PC

遠隔操作し、その結果としてFlash動画が端末に表示される仕組みになっています。

 

ゲームパッド機能を使えばFlashゲームで遊ぶこともできますが、

PCを遠隔操作する仕組みのために多少タイムラグが生じることがあります。

 

まずは無料版のPuffin Web Browser Free、操作に慣れてきて機能制限を

解除したくなったら有料版のPuffin Web Browserに移行するとよいでしょう。

 

iSwifterをインストール

 

Puffin Web Browserと同じく、Flashをサポートしている無料ブラウザです。

 

App storeではゲームカテゴリに入っており、ホーム画面のPlay Games

選択するとたくさんのFlashゲームで手軽に遊ぶことができます。

 

もちろん、ゲームに限らずFlash動画を使ったサイトも見ることができます。

 

AndroidFlash Playerをインストール

 

AndroidFlash Playerをインストールするには少し設定を変更する必要があります。

 

この設定の変更を忘れると、この先でおこなうFlashPlayerのインストールの途中で

先に進めなくなる(インストール拒否されてしまう)ので、必ずやっておきましょう。

 

その後、提供元不明のアプリを有効にします。

この際確認メッセージが表示されますが、そのままokをタップします。

 

設定画面を閉じたらブラウザを起動します。

 

次にするのは、FlashPlayerインストーラをダウンロードすることだけなので、

この時起動するブラウザはなんでも構いません。

 

ブラウザを起動したら、次にするのはFlash Playerのインストールですが、

Flash Player  アーカイブ」と検索してください。

 

その中から持っているAndroidのバージョンに合ったインストーラを

アーカイブ一覧から探します。

 

アーカイブである分、インストーラは大量の用意されていますが、Android向けの

Flash Playerインストーラはやや下の方にリストされています。

 

インストーラの名前には”Android”の文字が入っているので、それをさがすようにページを

下に行くと簡単に見つけることができます。

 

インストーラをタップするとダウンロードが始まり、ダウンロードが完了するまで待機します。

 

ダウンロードが完了したら、install_flash_plarer_ics.apkというapkファイルがあるので、

それをタップします。

 

install_flash_plarer_ics.apkが存在しない場合は、間違えて開発者向けライブラリを

ダウンロードしていたり、Windows/Mac版のインストーラをダウンロードしている可能性があります。

 

Android向けのインストーラは末尾に必ず”apk”という文字が入っているので、

それを基準に判断するとわかりやすいです。

 

選択後、インストールの前に確認画面が入りますが、気にせず[OK]をタップしてください。

 

ただし、このときまでに設定で[提供元不明のアプリ]の有効化が完了していないと

弾かれてしまうので注意してください。

 

しばらく待つとインストールが完了し、AndroidFlash Playerが入った状態になります。

 

ここでインストールに失敗する方は、バージョンを間違えている可能性が高いです。

 

 

 

その他のMedia Player

 日本語対応対応OS価格再生サポート 
VLC Media Playerwindows,Mac,iOS,Android,LinuxfreeAVI,MPEG,MP
GOM Playerwindows,iOS,AndroidfreeAVI,MPEG,MP
Windows Media PlayerwindowsfreeAVI,MP
iTuneswindows,Mac,iOS,AndroidfreeMPEG,MP
Adobe Flash Playerwindows,Mac,iOS,AndroidfreeMPEG,MP

 

GOM Player

GOM Playerは、DVD、MP4、FLV、AVI、RM、MOV、TS、FLVなどの様々な

ファイル形式の動画を再生できる、メディアプレイヤー(動画再生)です。

 

動画の一部の画像や音声をキャプチャー出来たり、好みの音楽・動画を登録できる

”プレイリスト”、 ”ブックマーク”、映像明度・字幕サイズ・再生速度のデティールを

調整出来る”コントロールパネル”、 ユーザーインターフェイスを好きなように

変えられる”スキン”など機能が充実しています。

 

GOM Playerコーデック

メディア ローカルファイル、インターネット上のファイル、音楽CD、DVD-Videoなど

コンテナ(以下のすべてのコンテナ形式に対応している)

AVI・DMF・ASF・MP4・Ogg・OGM・MKV・QuickTime・FLV・RealMedia・WebM・MPEG-2システムなど

コーデック(以下のすべてのコーデックに対応するDirectShow Filterを備えている)

MPEG-4(DivX・Xvid)・MS-MPEG4・WindowsMedia9(VC-1)・H.263・H.264・H.265

・Motion JPEG・AAC・MP3・VP8・VP9・Vorbis・ドルビーデジタルなど

※Wikipediaから抜粋(コーデック)

 

 

 

VLC Media Player

VLC-Media Playerは、ほとんどのメディアファイルを再生できる

メディアプレイヤー(動画再生)で、利用者の多いマルチメディアプレイヤーです。

 

また、マルチプラットフォーム対応のマルチメディアプレイヤーであり、

DVD、オーディオCD、VCDや様々な ストリーミングプロトコルを再生可能な

フレームワークです。

 

VLC Media Playerコーデック

メディア DVD-Video、ビデオCD、スーパービデオCD、音楽CD、HTTP、FTP、MMSなど

コンテナ AVI(DMF)、ASF、MP4、MOV、MPEG-2システム、Ogg、OGM、Matroska(WebM)、WAV、FLVなど

ビデオコーデック MPEG-4(DivX・Xvid・3ivX)、MS-MPEG4、H.263、WMV9(VC-1)、DV、

Theora、H.264、Motion JPEG、On2VP3、On2 VP6、VP8、Cinepak、RealVideo、Diracなど

オーディオコーデック MP1、MP2、MP3、AC-3、DTS、LPCM、AAC、Vorbis、WMA、ADPCM、DV Audio、

FLAC、Real Audio、Speex、ATRAC、WavPack、TTA、Monkey’s Audio、Musepack、Apple Lossless など

※Wikipediaから抜粋(コーデック)

 

 

iTunes

アップル社提供の音楽、動画を再生できるメディアプレイヤー

iPhone−iPadのデータの同期、バックアップができるソフトです。

 

音楽CDから曲を取り込む”インポート”機能があり、

AAC形式かMP3形式に変換して保存することが出来ます。

 

同時にCD情報をデータベースから検索し、自動でアーティスト名、

曲名やアルバム名、歌詞等を取得することも出来ます。

 

便利なのは、ライブラリに登録してある曲は検索することはもちろん、

iPodと同じくレーティングをつけて優先順位をつけることが出来て

すばやく再生したいときに便利です。

 

iPhone−iPadのiOS端末のデータのバックアップする際もiTunesを使用します。

 

 

iTunesコーデック

MP3、AIFF、WAV、AAC、HE-AA、MPEG-4、H.264、Ogg Vorbis、

m4a .m4v .aac .mpg .mov .mp4 .wav .aiff(.aif)

 

[the_ad id=”1542″]

Windows Media Player

Windows Media Playerは、今ではWindowsパソコンに

標準で付属している メディアプレイヤー(動画再生)です。

 

音楽の再生はもちろん、動画再生、画像のサムネイル表示から

見やすいスライドショー表示にも対応出来ます。

 

また、デジタルメディアコレクションの整理、デジタルメディアファイルの

ポータブルデバイスへの同期、デジタルメディアコンテンツの

オンライン購入等を行うことが出来ます。

 

 

Windows Media Player代表コーデック

オーデイオ:wma、mp3、wav、m4a等の様々なコーディングの再生が可能。

但し一部プラグインの追加が必要な物や、WMPバージョンにより再生不可なものもある。

ビデオ:wmv、avi等のコーディングに対応。プラグイン追加等でさまざまな形式に対応できる。

※Wikipediaから抜粋(コーデック)

 

纏めてみました。

 

 メディアコンテナビデオコーデックオーデイオコーデック
GOM Playerローカルファイル、インターネット上のファイル、音楽CD、DVD-VideoなどAVI・DMF・ASF・MP4・Ogg・OGM・MKV・QuickTime・FLV・RealMedia・WebM・MPEG-2システムなどMPEG-4(DivX・Xvid)・MS-MPEG4・WindowsMedia9(VC-1)・H.263・H.264・H.265・Motion JPEG・AAC・MP3・VP8・VP9・Vorbis・ドルビーデジタルなど
VLC-Media PlayerDVD-Video、ビデオCD、スーパービデオCD、音楽CD、HTTP、FTP、MMSなどAVI(DMF)、ASF、MP4、MOV、MPEG-2システム、Ogg、OGM、Matroska(WebM)、WAV、FLVなどMPEG-4(DivX・Xvid・3ivX)、MS-MPEG4、H.263、WMV9(VC-1)、DV、Theora、H.264、Motion JPEG、On2VP3、On2 VP6、VP8、Cinepak、RealVideo、DiracなどMP3、AIFF、WAV、AAC、HE-AA、
iTunesMPEG-4、H.264、Ogg Vorbis、m4a .m4v .aac .mpg .mov .mp4 .wav .aiff(.aif)
Windows Media Playermv、avi等のコーディングに対応。プラグイン追加等でさまざまな形式に対応できる。wma、mp3、wav、m4a等の様々なコーディングの再生が可能。但し一部プラグインの追加が必要な物や、WMPバージョンにより再生不可なものもある。

 

 

商品一覧

商品詳細